サブリースを活用すれば安定した収入を見込める

自主管理の活用

レディ

入居者による管理

分譲マンションを建てて売るときにはマンション管理の方法の選定が重要になります。自主管理を活用する方法は管理費用が小さくなることが特徴です。マンション管理を住民が行うという仕組みを作ることで、外部の業者に委託する費用がかからなくなります。必要に応じて外部の業者に委託しなければならない管理内容が見つかった場合には、住民が納得した上でお金を出し合って委託するという形を取ることが可能です。その決定権限まで全てを住民に任せてしまうことができるため、分譲マンションを建てた側が責任を負う必要がなくなります。また、マンション購入の時点では管理費用がかかると提示しなくて良いため、安く住めるマンションという印象を受けてもらいやすいでしょう。

管理組合の必要性

マンション管理を自主管理にする場合には管理組合を作ることが必要になります。その原案を予め作っておかなければ分譲マンションを売るのが難しいのは確かです。自主管理をすると伝えても誰かが中心となって動かなければ機能せず、マンション管理が行われない状況ができてしまうリスクがあります。そのため、基本的には自分が管理組合の中心に立つか、予め購入して住む人の中から組合の役員を選定しておくことが重要です。このような用意だけを行っておけば自主管理を動き出させることができます。自分が管理に関わる方法を選んだ場合でも、軌道に乗った時点で全て任せてしまえるようになるため、初期に少し梃入れをするだけで後は負担を受けることがなくなるでしょう。