サブリースを活用すれば安定した収入を見込める

物件選びと管理費用の考慮

紙幣とそろばん

管理を考えた物件選び

不動産投資を行うときの物件選びの時点から管理を行うことを考慮していることが多くなりました。賃貸管理を行いやすいかどうかを考えた上で収益性の高い物件を選んで投資するというのが人気です。賃貸管理を行う上では管理会社に委託すると規模に応じた費用がかかります。自分で全ての管理業務を行えば費用をかけずに経営を行うことが可能です。このどちらを選ぶかという観点から始めて、賃貸管理は管理会社に任せるとなったら費用対効果の高い物件を選び出すという形で検討が進められています。不動産投資では長期的な考え方を持って、安定して管理を行って経営を続ける必要があるため、予め管理について検討した上で投資を始めるのは賢明と言えるでしょう。

実質利回りの計算

賃貸管理を管理会社に任せると決めたときに、費用対効果を調べる上で重要になるのが実質利回りの計算です。物件を絞り込んだら管理会社に連絡して、必要な管理業務を行うのにかかる費用について概算の見積もりをしてもらい、その分が支出になることを前提にして利回りを計算することでより収益性の高い物件を選び出せます。セキュリティーがしっかりとしていてエレベーターもある魅力的な物件は入居者募集には優れていますが、賃貸管理の観点からすると点検費用や維持費用がかかることになるでしょう。その点も加味した上で実質的にどの程度の収益を期待できるかを吟味するのに役立つ仕様が実質利回りです。物件選びをするときの比較基準として活用すると便利でしょう。