サブリースを活用すれば安定した収入を見込める

物件を丸ごと貸す

集合住宅

物件を全て貸して賃貸経営

一括借り上げを行う賃貸経営の方法は、マンションなどの物件をそのまま全て業者に貸してしまうのが特徴です。マンションで賃貸経営を行う場合には入居希望者に対して部屋を切り割りして貸すことになり、それぞれの部屋について入居者管理を行わなければなりません。しかし、そのような形で行う賃貸経営を行うことを前提にして業者にマンションをそのまま貸してしまうのが一括借り上げの契約をする方法です。これにより、経営に関わる業務は全て委託された業者が行うことになり、物件の所有者は経営に関与する必要がなくなります。契約内容によっては事業内容の報告や実施内容の承認などが仕事になる場合はありますが、基本的には丸ごと物件を貸してしまう方法です。

負担のかからない賃貸経営

賃貸経営にかかる負担をできるだけ減らしたいというときに役立つのが一括借り上げです。業務を全て委託してしまうことになるため、経営にかかる負担をほぼ全てなくすことができます。不動産投資をしてお金を稼ぎたいけれど、経営にかかる労力が割けないというときに一括借り上げが利用されているのです。また、その物件を業者に対して貸すということになるため、原則としては経営状況によって賃料が変化することはなく、たとえ全部が空室になっても賃料を得ることができます。契約内容によっては家賃の総収入に応じて賃料が変化する場合もあるので、好みに応じて選ぶことができるでしょう。これによって安定した収入を得られる点も着目されています。